免震構造で安心の一戸建て住宅。

2011年の震災にあった我が家。元々古い家だったせいもあり、屋根がくずれてしまったり壁が剥がれてしまったり。
住めなくはなかったのですが、ゆくゆくは家を立てるつもりでおりましたので、これを機に新築に建て替えることにしました。
夫婦で絶対にこうしようと一致した意見は「免震構造の家」です。
地震の恐ろしさを肌を持って経験したので、大きな地震にも出来るだけ耐えうる家が欲しいと思いました。
ちょうど免震構造を売りにしているハウスメーカーさんと出会うことができ、安心安全の家を建てることができました。
どの部屋も満足のいく間取りと位置にしまして、カーテンや壁紙も気に入ったものをメーカーさんで揃えてもらいまして、私にとっては宝物のような家です。
ただひとつ、後悔していることをあげるならばお風呂場と脱衣所を広くしてしまったので、冬場は暖房を入れても寒いんです。
せっかく温かいお湯に浸かっても、湯船から上がって着替える頃にはすっかり寒くなっているので、もう少し狭くしてもよかったかなあと思っています。

カテゴリー: 一戸建て パーマリンク