狭い土地だからこそ注文住宅で建てる!

PR|中小企業の経営指導なら|池袋のEnglishスクール|ニキビ肌ケアのクチコミ|音楽家の出張サービス|エナジーテラピーin都内のサロンまつ毛増毛で綺麗にエクステ子供の身長を伸ばす方法豊田市でZEH(ゼッチ)の注文住宅を建てる |

狭い土地に一戸建てマイホームを作るのならば、注文住宅をオススメします。なぜなら、注文住宅の方が限られた土地に対して、工夫のしようがあると私は考えているからです。そしてだからこそ、わが家は注文住宅での家づくりにしたのですよね。その方が限られた土地を自分たちのやりようで有益に使えると考えたからです。

そりゃあ、一戸建て住宅を建てるのに十分な敷地があれば、長期保証が魅力的なハウスメーカーで建てたいという気持ちはありました。しかし、ハウスメーカーで建てる住宅はいかんせんお金が高いのです。それに、土地や施主の希望に合わせた変更ができるプランは、お値段にしてもお高めなのですよね。

ハウスメーカーは既に設計が出来上がっているからこその価格での売り出しだということもあって、個人個人の要望に応えるようなプランですと、当然その分費用はかかってしまうわけです。仕方のないことだと言えるでしょう。

もちろん、注文住宅で建てる一戸建てマイホームが成功できるかどうかは、良い設計士さんとの出会いにもよるとは思いますが。しかし、その辺は恵まれていましたから。

わが家を設計してくれた設計士さんは、まず「吹き抜け天井」を提案しました。二階建て住宅にするにしても、「吹き抜け天井」にするかどうかで、開放感が違ってくるということで。狭い土地をこまごまとした部屋で区切っては、閉塞感を感じてしまいます。ですから開放感を感じられるようにと、空間を細々と分けずに、わらに「吹き抜け天井」で開放感を出したのです。

もともと狭い土地ですからね。空調管理もいっぺんにできた方がいいでしょう。広い家なら冷暖房費がもったいないかも知れませんが、狭い土地だからこそ一室空間にして、そしていっぺんに空調管理をすることで、エコにもつながりますからね。

こういった「条件」に合わせて、工夫をしていくことができるのも注文住宅での家づくりの良い点であると感じました。もっとも、繰り返しますが「良い設計士さんに当たること」が絶対条件だとは思いますが。その点も、わが家は良かったと言えるところかも知れません。

PR|副業ランキング|相互リンク|オーディオ|お家の見直ししま専科|工務店向け集客ノウハウ|初値予想|ショッピングカート|クレジットカードの即日発行じゃけん|英語上達の秘訣|

コメントを残す