間取りを変える

内装リフォームを行う際には、間取り変更を含むことがあります。その場合は費用もかさみやすいため、あらかじめカットできる部分はできるだけ節約するような計画にしておくといいでしょう。工事内容にはちょっとしたことでも費用が高額になる場合があるため、その見極めはリフォームのプロにしてもらうと正確です。
たとえば間取り変更の際には、節約のためには水まわりの移動をしないなどが挙げられます。水まわりを動かすと、排水工事など細かい部分まで工事が必要になってくるため、それだけ費用がプラスされてくるのです。キッチンを大幅に変更したい場合は、まずカウンターキッチンにして、そのカウンター部分を広げたり、長さを伸ばしてみる、L字型にする、カウンター収納で対面風にするなど、さまざまな工夫で解決する場合があります。そのような手法も、工務店にアドバイスを求めてみるといいでしょう。
ほかにも既存の壁を撤去する際には、重要な柱と筋交いだけを残す形にし、インテリアとしてうまく見せる方法などさまざま。安易に計画を立てるのではなく、こうした工夫を検討するといいですね。

コメントを残す